屋根塗装や外壁塗装で景観を保つ~キレイなお家にこだわり隊

家

断熱の効果

人気の窓断熱方法の傾向と種類の説明

作業員

窓断熱には、幾つかの種類があります。 窓断熱スプレーは、最も手軽で価格も安く、シリコンの液体を吹き付けて拭き取りながらコーティングする方法です。 窓断熱フィルムは、フィルム自体の効果とフィルムとガラスの間の空気層で熱を遮る方法です。 複層ガラスサッシは、2枚のガラスの空気層で熱を遮るとされ、単層ガラスに比べ高額ですが複層ガラスを選択する施主も増えています。複層ガラスサッシの中には、2枚のガラスの空間を真空にして熱を遮るサッシや複層ガラスに特殊金属の被膜をコーティングして熱を遮るサッシも市販されています。 傾向としては、既存のサッシのガラスを複層ガラスに変える方法や業者に依頼する事無く自分で貼る事の出来る断熱フィルムなどの導入金額が抑えられる方法が人気です。

窓断熱の歴史と樹脂サッシのメリット

日本の窓断熱の歴史は、日本で一番寒いとされる北海道で北海道防寒住宅建設促進法として始まったとされています。 一般の方が思っているよりも、外壁や床下からの熱量の侵入や熱量の放出は全体の20%前後と意外に少なく、夏場は家屋に侵入する熱量の70%以上が窓からとされ、冬場は家屋から放出される熱量の50%程度が窓からとされています。故に、断熱において窓を断熱するのが1番効果があるとされています。 当初は、2重の単層ガラスのアルミサッシを設置していましたが、現在では2重の複層ガラスのアルミサッシを設置しています。中には、アルミ自体が熱伝導率が高いので、熱伝導率の低い樹脂サッシの需要が高まっています。 又、樹脂サッシは、サッシの耐久性と強度を確保する為に造られたサッシ内部の多くの構造空間が、更に断熱効果をあげ内部結露が少なくなるメリットがあります。